作業車事例

case

お問い合わせ

1949年 パナール ディナX  スペアーキー製作作業

2012/12/12

今回の車輌は、初めて見た車輌で、1949年(昭和24年)のパナール ディナXと言う車輌です。横浜市に有る有限会社 武田モータースさんからのスペアーキーの製作依頼作業です。武田さんに、聞くところによると、国内には 2台 有るのでは?との事でした。この車輌 ボディの軽量化のために アルミを多用して製作されているそうです。鍵の製作ですが、渡されたキー 2本 ドアと、エンジン用でキーを良く見ると??? ドアに使用しているキーは、イギリス系車輌に多い ガスキー  それと、エンジンキーは、ドイツ製の南京錠用のキーを加工して使用していました。鍵屋的に見ると絶対に有り得ないキーを使用しているので、鍵屋の意地で正しいキーの探しから開始。しかし 車輌のデータは全く無し状態、鍵穴を覗いて ティスクの配列と、構造を確認して、何とか 適合する キーブランクを発見して製作完了。良く在庫していたと、自分でも驚き。  元々のキーは、引っかかりが有ってキーを鍵穴で、振るようにしないと回らなかったのですが、今度からは、ドアも、エンジンもスムーズに作動。

この車輌を、販売希望との事ですので 興味のある方は 武田モータースさんへ 問い合わせてください。


有限会社武田モーターサービス
〒223-0056
神奈川県横浜市港北区新吉田町4277

TEL.045-593-3744
http://www.renault21.net/Tms/

 

車輌前方                                       車輌後方

ドアハンドル&ドアキーシリンダー                       IGN-CY

 

車内                                           フロントマスク

 

パナール                                       ディナX