作業車事例

case

お問い合わせ

1997年 ランチア イプシロン イモビキー紛失  イモビ付キー製作作業

2013/06/18

1997年 ランチア イプシロン  イモビ付きキー製作作業です。 アルファロメオ・フィアット・マセラティ系車輌での、コード1仕様のイモビ付き車輌のキー製作は、作業車事例に書き込みしています。車輌のイモBOXから、車輌データを調べて 新しくキーを製作します。今では、ディーラーさんにキー交換作業をお願いしても本国からの部品の供給がストップして、作業が出来ない状況が有ります。今回の車輌も、ディーラーさんの紹介で、受けた作業です。スペアーキーは簡単に製作は可能ですが、鍵を無くすと、製作に少し費用が掛かりますので御注意を。

 

車輌前方                                車輌後方

 

車内                               この鍵マークが消灯すれば、エンジン始動可能

 

これにキーデータが入っています               製作完了で、エンジン始動成功です。

 

キーを無くす前に、スペアーキーの製作をしましょう。